2015年10月22日

お代官様は厳しい年貢を取り立てる


横浜の傾斜マンションの問題は全国に拡散する恐れも
でてきました、出向の社員一人に責任を負わせて逃げよう
とする姿勢には反発を覚えます、販売元、元請、施工会社
の責任を明確にした対応が必要と思います、国交省も責任
の追求を始めていますので、国交省のジャッジで責任は明確
になるかと思います。

懇意にしているアパートの大家さんから軒天の改修工事の
依頼を受けています。

先週に見積を提出しましたが、もう一声安くしての声に
恐怖心が先立っています。

まるで悪代官と水飲み百姓の戦いみたいです。

お代官様の要求に屈すれば、赤字になりますので大変です。

最後の手はお代官様のご慈悲におすがりするしか無いのかなと
思う所です。

お代官様には厳しい年貢の取り立てはやめて欲しいと心から願うものです。

何故か横浜の傾斜マンション問題にも比類する感じです。

大手の意向で工事費を値切られて無理やり工期も守らせる
姿がダブって見えています。





ブログ村に参加しています、ポチを是非お願いします。


にほんブログ村



posted by やさしいオジサン! at 10:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件の維持管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428275816

この記事へのトラックバック