2015年11月17日

パリの同時テロの行方

パリのテロは世界中に配信されて悲惨なテロの様子は連日伝えられています。
フランスがテロで狙われた理由は空爆にフランスが参加したのが大きいと思います。
イスラム国の狙いはアメリカと思いますが、その前に空爆に参加している国々に
テロと言われる、ゲリラ戦を仕掛けて、空爆中止に追い込むのが狙いとも思います。

イスラム国はテロより戦争状態と解釈している可能性があるかと思います。

戦争に勝利するための作戦と思いこんでいるかと思います、ロシアの航空機
墜落事件もイスラム国の犯行と宣言しています。

イスラム国に言わせると突然の空爆で同胞達が多くの命を落としているとの主張も
あるかと思います。

アメリカが開いたパンドラの箱は簡単には閉められない事態に陥っています。

宗派の争い、植民地時代の歴史、米欧との価値観の違いなど簡単に解決できない
中での対応は力と力で対決するしか方法はないのかと複雑な気持ちです。

今後も現状を変えるる事なく進めは世界に拡散される恐怖は続くかと思います。
posted by やさしいオジサン! at 11:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック