2015年12月13日

軽減税率は天下の悪法になるか?

再来年から消費税UPに伴う食品の税率を低減するための
自公の協議は決着を見ましたが、選挙目当ての低減税率
です、国民を騙した感じの低減税率です。

消費税Upは福祉目的と説明していたのが選挙対策に費やされる
感じです。

低所得者の為に低減税率を設けたと馬鹿にした説明にも納得は
できません、低所得者には特別会計を設ければ済む事です。

また1兆円以上の出費が嵩む制度設計には釈然としません
国民の迎合を得て選挙で勝利したいとの姑息な姿勢には
腹立ちを覚えます。

まともな政権であれば巨額の赤字国庫を睨みながらの対応が
必要ですが、選挙優先で政権維持の為に、将来的には国民に
負担増のツケが必ず廻って来る天下の悪法、低減税率は撤廃
すべきと思うのですが。
また姑息な対応で来年の参議院選挙あるい衆参同時選挙が
あれば、自公に鉄槌を下すべきですが、まともな野党が
いないのももどかしいです。
posted by やさしいオジサン! at 10:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック