2016年06月14日

舛添知事は梨下に冠を正せず

舛添知事の進退は窮まりました、昨日の総務委員会にての返答内容では
誰しも信用しない内容です。
またオリンピックにかこつけて辞任はもうしばらく待って欲しいとも発言
しましたが、今頃に言っても誰も聞く耳持たずです。

彼の政治家としての生きざまが批判されていますので、恥の上塗りです。

都知事であればわが身を律した姿勢を望まれますが、梨下に冠を正さず
ですが、疑惑がこれだけ多ければ自己を律することなく好き放題の結果が
現在を招いています。

役に立たない都知事は必要無いですから、見苦しい延命はやめて辞任の
道を選択すべき時期です、しよせん四面楚歌に陥れば延命はできません。
posted by やさしいオジサン! at 11:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438974488

この記事へのトラックバック