2016年06月16日

魑魅魍魎の世界に散った舛添知事

とうとう舛添知事は辞任しました、海外出張費が異常に高いとの批判が騒動の
始まりですが、従来の出張内容に沿った費用かとも思っていましたが、彼の
傲慢な姿勢に油が注がれてしまい、集中砲火を浴びて、余計な問題までも
マスコミによりあぶり出されてしまいました。

所詮政治家には清廉な輩は存在しませんので、マスコミの集中砲火を浴びない
選択をすれば辞任までに至らなかったと思います。

舛添知事は政治の世界という魑魅魍魎の世界に食い殺されてしまった感じです。

弁明途中に弁護士を使い第三者の調査を受けるとの発言には違和感を持って
いました、弁護活動の一環ですから、舛添知事には不利な内容には絶対にありえません
錦の御旗にすれば切り抜けれるとの考えはどこから出て来たのかと考えると
自民党からのアイデアと考えれば妥当です、マムシの悪三は過去には小渕代議士
の弁護を担当していますので、その筋は自民党になります。

それらの浅はかな逃げ道に同調した舛添知事の判断ミスもあります。

新しい知事探しも活発になつていますが、クリーンな知事を表向き作り上げねば
なりませんので色々と無理難題に頭の痛い事かとも思います。
posted by やさしいオジサン! at 10:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439044784

この記事へのトラックバック