2016年09月14日

豊洲市場の問題、高額な工事費の原因

豊洲市場の問題が日々大きくなっています。
有害物質封じ込めの盛り土が構造物部分で実施されずに
食の安全にも影響を及ぼす事態に陥っています。
ニュースなどを見ると都の対応のまずさが次々と疑惑の俎上に
上がっています、最終結論まで紆余曲折が待っています。

それにも増して、高額な工事費の問題です、公共施設ですから
入札方式で工事業者が決定されますが、落札率が99%を超える
主要施設が多くあります。

主要施設はJVで゜落札していますが、大手5社がJVのスポンサー
として全て取り仕切っている感じです。

当然ながら割り振りで受注されている可能性は大きいです。

東京オリンピックに向けても高額な工事費が問題視されています
主要施設も大手5社による割り振りはすでに水面下で決まっている
可能性は大きいです。

入札はJV方式にして他の業者が入札に参加できないようにして
応募していた他のJVは入札辞退などの方法で入札率を限りなく
高める共同戦線を組んでいる可能性も排除できません。

主要施設は工事の管理も大変ですから業者はおのずと限られて
きますので工区分けなどで細分化した発注も考慮する必要も感じます。

税金を食い物にするドンもいる東京都は魑魅魍魎の世界ですね。
posted by やさしいオジサン! at 19:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック