2016年09月23日

豊洲の盛り土から地下ビットにした理由は打ち合わせ簿で分かる

豊洲の盛り土から地下化にした問題は当時の市場長をはじめとする
偉い連中は責任逃れに終始しています、これが役人根性かと思います。
誰も責任を負わない状態で幕引きにさせてはなりません。

当初の盛り土で環境を守る方針から逸脱して地下化した経緯を知りたければ
当時の設計担当の職員と設計会社との設計に関する打ち合わせ簿が必ず
有りますので、その打ち合わせ簿を見たら、全ての流れが分かります。

当時の資料は容易に確認できるはずです。

都の担当達が隠蔽しても、設計会社に打ち合わせ簿は残っていますので
知事権限で提出させれば済みますので早急に対応すべきです。

担当職員からの要請なのか、設計会社からの提案なのか全容を早めに
知る事が大切です。
posted by やさしいオジサン! at 15:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442186111

この記事へのトラックバック