2016年10月01日

小池都政には勝手に作り上げた議会、業界の常識と利権をぶち壊して欲しい。

東京都は巨大な利権の巣窟です、あらゆる業種、業界の利権が複雑に
入りこんでいると思います。

利権の調整役は権限を握っている者に集まって来ます、それを仕切る
者をドンと呼んでいます。

大中小のドン達が利権を守るために、人間関係構築に日々余念がないのでは
ないでしょうか?

利権にまとわる連中の常識と一般の都民では乖離もあります、常識の尺度
の違いは、今回の豊洲市場問題に象徴されています、都庁役人達の事なかれ
主義の蔓延で、責任の所在を曖昧にしています。

役人たちにも、結果責任を負わす必要も感じています。

莫大な税金を利益確保の為に、100%に近い落札率は犯罪行為に近いものも
感じます、究極の談合結果であつたと思います。

こんな事態がまかり通っていた、理由は簡単明快です、湯水のごとく溢れる
税金を食い物にできる環境を利権者達は作り上げて来た結果です。

この利権体質をぶち壊す期待を小池知事に求めたのが、今回の都知事選挙
であったと思います。

利権を甘受している連中の言い訳もありますが、自分達の言い訳には説得性
は皆無です、一日も早く、刑務所の壁を歩く道は捨てて、まっとうな生き方を選択せよ
と言いたいものです。

日本は成熟した民主主義国家と言われますが、利権の巣窟をぶち壊して
こそ、成熟した国家像と感じます。
posted by やさしいオジサン! at 11:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442417076

この記事へのトラックバック